log

190128

もう1月が終わる。


今日は久しぶりに出張へ行ったけど、やはり出張は苦手だと感じただけだった。自分が仕事をしていないような気がしてくる。実際仕事をしている時間とそうでない時間があって、後者の方が多い。オフィスから逃れることは、オフィスにいる人の目から逃れることと同じだと感じる。それがうしろめたい。


最近触れたものの話をメモしておく。


先週金曜日は映画「PSYCHO-PASS  Sinner of System」の1作目を観た。人生初の4DXで観たけど正直集中できなかった。しかし作画もばっちり綺麗、ストーリーも完璧、キャラ描写に重心が置かれていて申し分なかった。キャラというものを描くとき、声優の演技力だけでなく、作画もしっかりと細かな演技をしているアニメが好きで、この作品はそれに分類されるものだった。映画館でアニメ映画を観るとき、ここにいる人たちみんなこの作品が好きなんだ(そんなこともないかもしれないが)と思うと、すこし興奮してしまう。



今日は帰りに乗っていた新幹線が長いこと途中で止まってしまったので、持ってきていた村上春樹レキシントンの幽霊』を読んだ。最近は読書の時間が全く取れず読書力が落ちているので、短い短編「緑の怪物」「めくらやなぎと、眠る女」だけを読んだ。後者がとても良くて、25歳の「僕」と14歳の「いとこ」とのバランスが好きだった。初期の村上春樹が書く、男女の、夏の濃い日差しと影みたいな回想がとても好きだと久しぶりに思った。溶けたチョコレートについての段落が一番良くて、そこだけ何度も読んだ。



電車ではもっぱらラジオを聴いている。radikoは自分が今いるエリアの、決まったラジオ局しか受信してくれないので、大阪にいても京都のラジオを聴いたりすることができない。ダイヤル式で局を合わせるタイプのものだと聴けるのだろうか。


新幹線が静岡で止まって、そのエリアのラジオをかけてみたが、局が全然なくて退屈だった。京都に着いてからはα-stationをかけた。くるりのラジオがやっており、1983「エメラルドシティ」という曲がアーバンでよかった。そのあと流れていた、くるり「のぞみ1号」でグッときた。京都に帰りたくなってしまった。


帰りにスーパーで苺を1パック買った。恋人は少し量が多いと言いながらいくつか食べてくれた。恋人はそのあとすぐ寝た。




190120

 土日と白馬の八方尾根スキー場へ行った。長野オリンピックの会場であったこともあり、クソうまい人や訪日客がたくさんいた。レンタル店の店員も元プロとか外国から来て住み込みで働いてる人とかばっかりだった。


行きは夜行バス、帰りは在来線特急・新幹線乗り継ぎの1泊2日の旅は余裕があってとてもよかった。人と長い時間を共有するのはとても苦手だし疲れたが、それでも楽しかった。天気もよし宿もよし、ごはんも美味くて温泉も綺麗だった。


重圧な雪に覆われた土地が好きで、その情報量の少なさにいつも心が洗われる。スーパーあずさワイドビューしなの・新幹線と乗り継いできたが、名古屋に着いたとき俗世に戻ってきたなあと少し嫌になった。


スキー場で、リフト終了後に人のほぼいないコースを下りながら、途中で雪の上に寝そべった。他の人が滑る音もなし、BGMもなし、ただ大気の音だけがした。視界も空しかなくて、こういうところで死ねたら嬉しいのになと思った。


帰りにAriana Grandeの7ringsを聴いて、my favorit thingsネタだ〜いいな〜〜となった。「Buy myself all of my favorit things」ってフレーズがいい。無敵感がある。この曲の気持ちで毎日仕事がしたい。


パリピの聴く音楽でしょと思って聴いてこなかった節もあったので世間の反応が知りたく、ツイッターで検索をかけたらどうやらMVがvaporwave風味らしく(まだみてない)、少し悲しくなった。vaporwaveのビジュアル面は消費するのにあまりにもポップすぎて、こういうところに上がってくるとなんでか悲しくなる。文化が広まることはいいことのはずなのに。



190115

猛烈に眠い。


朝、起きたら寝汗をうっすらかいていた。別に厚着したわけでもないのに。6時に起きて、30分ほど二度寝して身支度をする。ふつうのパンを冷凍したパンと同じ時間だけトーストして、真っ黒にしてしまった。


仕事はもちろんやる気がなかった。朝は猛烈に憂鬱で、低気圧のせいもあるのか地面にめり込むような心持ちだった。体力仕事をしていると強制的に目が覚めて、その後はとにかくよく動いた。


飲み会がいくつになっても猛烈に苦手で、行けば楽しいことも最近はよくあるのに、どうしても早く帰りたくなってしまう。お酒は大好きだけれど、空気を読んで会話を作り上げるのが嫌いだ。きょうもさらっと帰ってきてしまった。下手だし疲れる。そのほうがお金も浮くし、万々歳なのだけれど。


きょうの通勤時に聴いたアルバムはyonawo「SHRIMP」。Apple Musicのnew artistに選ばれていて知った。R&Bは派手なものよりこれくらいシンプルなものが好きだ。インディー感がたまらなくて、部屋のちょうどいい隅っこで三角座りしてゆったりしてるみたいな気分になる。2曲目の「しあわせ」が一番いいけどカーペンターズ「close to you」のカバーもすばらしい。




190114

今年こそは日記をつづけたい。


三連休の最終日、朝10時前までお布団でごろごろしたあと身支度と洗濯を済ませ、ちょっとだけゲームをしてから家を出る。


東京から来た会社の同期とお昼ご飯を食べた。行ったことのないスパイスカレーの店へ。カレーは何がどうであれとにかく美味しい。話はまあまあ弾んだ。


途中で抜けて、外で昼間から飲んでいた恋人と合流し、ノースフェイスでスノボにも使えて普段使いできるマウンテンジャケットを買いに行く。御値段30,000円。高い買い物だけど、長く使うのが目に見えているのでオッケー。大切に使いたい。


休みでもそうでなくても、心斎橋・なんばあたりは本当に観光客が多い。辺りをぶらぶらするにも疲れるので、近くの純喫茶を探して、結果アラビヤコーヒーという店に行った。ここも混んでいた。コーヒーは癖がなくて美味しかった。恋人はものすごく眠そうだった。


夜もカレーを食べた。カレーを食べておけば大丈夫みたいなところが最近はある。インドカレーの店で、カレープレートとビールを頼もうとしたらプレートの注文だけ聞いて店員が去ってしまい、呼んでも来なくて少し困った。すぐに出てきたカレーは結構な辛さと量で、ビールを頼まなくて結果オーライだった。


休みの終わりになると、最近はいつもダウナーになる。漠然と不安になって、恋人によくわからないこと(生きるの楽しい?とか)をよく聞いてしまう。やめたい。人生どうなったら考えすぎるのをやめられるだろうか。